加齢による女性の悩み

加齢による女性の悩みとは

女性の悩みである更年期障害

人間は、加齢と共に体中の器官の機能が低下し、体力や筋力の低下及び体の不調が表面化してきます。特に女性は、加齢による卵巣の機能低下がエストロゲンの分泌不足を引き起こし、エストロゲンの分泌を促進する為に視床下部から過剰に分泌される卵胞刺激ホルモンのホルモンバランスの乱れにより、中年女性の悩みの一つである更年期障害を発症します。女性の悩みである更年期障害は、ホットフラッシュやスウェッティング、月経異常、イライラなど多種多様な症状を発症するとされ、閉経を迎えた女性の約3割に症状が発症するとされています。

更年期の症状について

閉経に近づく女性の卵巣機能が衰えることにことで、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量が急激に減少することで、様々な不快な症状が現れる病気を「更年期障害」と言います。早い人であれば、40代半ばから症状が現れはじめるとされており、女性の悩みの症状と言えます。のぼせたようなホットフラッシュと呼ばれる症状やイライラしたり気分がふさぎ込んだりの依情緒不安定、めまいや不眠などの症状が出ます。閉経に近づくすべての女性にこれらの症状が起こるわけではなく、ほとんど症状が発症しない方もいれば、重度から軽度の症状が出る場合もあります。女性の悩みである更年期症状が出た場合は、我慢をせずに、治療を受けることで快適な生活を送ることができるので、専門の医療機関に受診することをお勧めします。

↑PAGE TOP

Copyright © 加齢による女性の悩みとは All rights reserved